金の価格の決め方

Posted on

金の買取を行ってもらう際に、必ず出てくるのが金の買取価格の算出方法です。

金の買取を行う際には、はかりに乗せて金の重さを計るのですが、通常何かを計るときには一般的にグラムやキロなどで単位を計ったりします。

ですが金の場合にはグラムやキロなどという計り方ではなくで、ちょっと特殊な計り方になり、それはトロイオンスというちょっと聞き慣れない単位になっているのです。

ちなみに1トロイオンスの場合には、1トロイオンスが1グラムというわけではありません。

ちょっとわかりにくいですが、1トロイオンスは31.1035グラムという重さになるのです。

また1トロイオンスの重さが出たからといって、 1トロイオンスイコールすぐ買取価格になるわけではありません。

ちなみに金の買取価格とか相場の算出方法ですが、1グラムあたりの金の算出方法というのは、いわゆる1トロイオンスあたりの平均的な価格× 31.1035 × 為替のドル円相場+さらに諸経費 を加えたものとなります。

そして買取業者によって、これにプラスアルファして消費税を加えた金額というのが、最終的に金の相場ということになります。

ちなみに金の相場というのは諸経費が加わっていますが、諸経費というのは実はあまり知られていませんが買取業者の利益の一部になります。

また買取業者が自由に設定できるものなので、あまりべらぼうに高い手数料を徴収するような買取業者というのは、少し控えた方がいいかもしれません。


金の相場はこうやって決まる

Posted on

金の買取をしてもらう際に重要な基準となるのが金の相場ですが、金の相場というのは買取業者が勝手に決めるものではないという事はわかりました。

では金の相場というのは、一体どのように決まっていくのでしょうか?実は金の相場というのは日本とか業者とか狭いくくりで決められるのではなく、世界の政治とか経済さらには社会的な情勢などによって、その都度金の相場というものが変化しています。

さらには世界の経済、情勢などによってだけ金の相場が決められるのではなくて、金自体がいかに世界中から需要が集まっているか、実際に金はどれくらい採掘されているのか、どのくらい世間的に金というものが供給されているのか、その量によっても相場というのは変わってくるのです。

ちなみに金というのは世界共通の価値のあるものとして、世界中で買取などが行われ、また流通もしています。

特に金の世界4大市場と呼ばれている地域というのがあって、それはアメリカニューヨーク、そしてイギリスロンドンさらにスイスのチューリッヒ、またアジアでは中国の香港…これら4つの世界的にも経済の活発な地域というのが世界でも大きな金のマーケットになっているのです。

中でもイギリスのロンドは世界の金の市場を決定するほどの、大きなマーケットであるとされており、その金の相場に関しては影響力というのも計り知れないものがあるとされているのです。


金の相場とは

Posted on

金の価値、価格というのは現在世界的に見ても、かなり価値が上がってきている価格も高騰してきているといわれています。

なぜ世界的に見ても金の価格、相場というのは上がってきているのでしょうか?

それは株式とか先物取引、さらには資産を所有する人たちが資産運用などを積極的に行っており、また資産運用や投資といった金融取引などが人気を集めていることなどによって、金もその一つとして人気になってきているのです。

ですが金融取引などが人気になったと言っても、実際に金というのはどのように相場が決められるのでしょうか?また相場が決められると同時に、金の買取をしてもらいたいと考える方達には、どのようにどのタイミングで買取を依頼していけばいいのでしょうか?

金の買取以外でも、こういった相場などが決まっていく過程などは、とても気になるという方もたくさんいるのではないでしょうか?

実は金の相場というのは、金の買取を行っている業者というのが勝手気ままに決めてしまっている…というわけではありません。

ちゃんと相場を決める理由とか原因となっているものが、そこには存在しているのです。

そして金の買取を考えている方というのは、金の買取をしてもらいたいからといって、そのまま急いで金の買取をしてもらうのではなく、まずは現在の金の相場というのをきちんと見極めてから、それからはじめて金の買取を依頼するようにしましょう。


忘れてはいけない大事な事

Posted on

金の買取をしてもらうことになった場合、だいたいの買取を行っている業者というのは、実際の金の買取の時に必ず見積もりというのを提示してくれます。

見積もりというのは、特に法律で出さないといけないよう決まっているわけではなくて、あくまで買取業者がお客さんに納得して買ってもらうために提示するサービスのようなものです。

最近の金の買取時には、ほぼ見積もりを提示しくれるのが当たり前のようになっていますが、もしも見積もりを提示しない提示を拒否するような買取業者に当たった場合には、そこで金の買取を依頼するのは避けた方が無難かもしれません。

さらに見積もりと同じくらい重要な事に、金に買取を行う際には金の重さが何グラムあるのか重量を計らないといけません。

この重量を計るときも重要で、たとえば何も怪しいところがないのに、わざわざお客さんの目に触れない店の裏に持って行って重量を計るような買取業者は、まず避けた方がいいでしょう。

というのも目の前で重量を計ってくれないという事は、業者が好きなように重量を設定できるという意味もあるわけで、それは結局買取を依頼した客さんが損をしてしまう可能性が高いという事になります。

また金の買取を依頼する際に、もしもダイヤなど価値のある装飾品も一緒についている場合には、それらもプラスアルファとして見てくれるような業者を選ぶということも買取時においては、忘れてはならないポイントになります。


まだあった業者選びの基本

Posted on

通常、金の買取をしてもらう際には、やっぱりなんと言っても業者選びというのが基本中の基本になってきます。

基本的に業者選びというのは、業者の実績が大事になってきますが、業者の実績というのは口コミやらHPやらでチェックすることが出来ます。

ですが業者選びの際に、まだチェックしておきたい事というのはあります。

それは金の買取を行っている業者のサービス度です。

金の買取を行うのに、別にサービスなんてないとか、サービスとは関係ないと思われるかもしれません。

ですが最近の業者の競争の中にあって、サービスの良い業者というのは買取額にも大きく影響を与えます。

たとえばサービスの一つとして、お客さんが問い合わせしたいと思う事をメールとか電話などのすぐに問い合わせることが出来るかどうか、また返事をすぐもらえるかどうか。

これは、とても業者選びにおいては、大事なポイントになります。

問い合わせたのはいいけど返事をもらえなかったりとか、返信と実際の買取時の返答が大きく異なっている…これは金の買取業者としては、あまりおススメであるとは言えません。

また同時に買取には相場というものがありますが、この相場に関しても例えば業者に問い合わせてみるというのも、ある意味良い方法かもしれません。

この時にあまりお茶を濁すような業者や、実際の買取の時と隔たりがあるような業者というのは、利用するのを避けた方が無難であると言えるのではないでしょうか。

金の産出量の多い国